脱毛に行く前に!VIO脱毛(ハイジニーナ)の事前処理

脱毛に行く前に!VIO脱毛(ハイジニーナ)の事前処理

脱毛サロンなどで脱毛の施術を受ける際には、事前にムダ毛の自己処理をしてきてください、と言われるところがほとんどです。自己処理をする際に気を付けることは何でしょうか。

 

剃り残しに注意

イメージ

自己処理をしていっても剃り残しがあった時にはシェービングサービスを行ってくれるお店もありますが、中にはお金を払わなくては剃ってくれないところやその日は施術を行ってくれないところもあります。

 

自分の通う脱毛サロンがどのような対応をしてくれるのかは口コミや体験談などを探せば調べることができます。

 

ミュゼプラチナムではシェービングサービスは廃止されているそうですが、実際には無料で剃ってくれることが多いようです。とは言っても、まったく処理をしていかないと施術に時間がかかり、他の待っているお客さんに迷惑になりますから、できるだけきちんと処理をしていきましょう。

 

肌を傷めないように

この事前処理ですが、VIOラインは自分で見ることもできないので難しいものです。当日の朝に処理をしたりすると炎症を起こした場合に脱毛の施術を受けられなくなってしまうので、2〜3日前に処理をしておきましょう。

 

脱毛クリームやジェル、ワックスは肌を傷める恐れがありますし、毛根が残っていないと脱毛の施術の効果がなくなってしまいますから使用しないようにしましょう。
また、カミソリも誤って肌を傷つけてしまうことがありますから電気シェーバーの使用をおすすめします。

 

処理の方法としては、まずハサミを使ってVIOの毛を3ミリぐらいになるまで切ってから電気シェーバーで残りの毛を剃ると上手くいくでしょう。Vラインについては、全く毛が無いと不自然に思う人もいるので残しておきたいという人もいるでしょうが、その場合でも初回は全て剃っていった方がいいでしょう。

 

剃り残し時の対応もチェック

施術の時には剃り残しが無いかチェックされますが、口コミなどを見ても剃り残してしまう人が多いようです。その際に施術を受けられないようでは困りますから、不器用できれいに剃る自信がないという人は、その際の対応も脱毛サロンを選ぶときのポイントにするといいでしょう。


このページの先頭へ戻る