VIO脱毛について《サロンとクリニックの違いって?》

VIO脱毛について《サロンとクリニックの違いって?》

イメージ

毎日気になるムダ毛の処理、とってもわずらわしいですね。このわずらわしさから逃れるために脱毛をしようと考えている人も多いのではないでしょうか。
では、どこで脱毛をしてもらいましょう。

 

脱毛をしてくれるところには2種類あります。脱毛サロンとクリニックです。脱毛サロンについてはテレビのコマーシャルや電車の広告などで見かけることが多いのでよくご存知かもしれませんが、クリニックでも脱毛ができるのです。

 

では、両者のどこが違うのでしょうか。

 

機械の出力の大きさの違い

両者で最も大きく違うのは機械の出力の大きさです。
医療用のレーザー脱毛は出力が大きく、そのため効果も大きいので医師免許を持っている人でないと扱ってはいけないことになっています。医療資格を持っている人に施術してもらえるというのは、安心感が大きくなりますね。

 

このようにクリニックで行われる脱毛の方が出力が大きくて効果が高いのでいいような気がしますが、一概にそうとも言い切れません。

 

というのも、クリニックのレーザー脱毛は効果が大きい分肌の負担も大きく、赤く腫れたり火傷のような症状が起こったりする恐れもあります。

 

痛みの違い

また、デリケートゾーンに照射した場合にはレーザー脱毛の方が痛みが大きいと言われています。
脱毛サロンで行われている光脱毛の機械も進化していて、一度に照射できる範囲がクリニックのレーザー脱毛よりも広いものが多いので、脱毛サロンの方が施術にかかる時間が短くて済むというメリットもあります。

 

費用・トラブル時の対応の違い

さらに、脱毛にかかる費用は脱毛サロンの方が安く済む傾向があります。
ただ、万一肌トラブルなどが起こった場合には、脱毛サロンでは医療行為を行うことができませんから、別に医療機関で治療を行う必要があります。
クリニックでの脱毛ならその場で治療を受けることも可能です。

 

このように、両者の間には、脱毛の効果や痛み、施術時間、トラブル時の対応、値段等に違いがあります。
どちらを選ぶかは、これらを総合的に判断して考えましょう。


このページの先頭へ戻る